menu

casitaとは

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。
WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。

賃貸だからこそ、長期優良住宅に

casitaのメリット

ribbon01
供給不足で戸建賃貸が足りていない

賃貸アパート・マンションは建築数が多いので、新築物件が絶えず供給されます。
その結果、年数が経ったアパート・マンションは空室が多くなります。
それに対して、「一戸建てに住みたい」という人が71.3%※もいるのに、戸建賃貸の供給数は2.4%※となっています。
戸建賃貸は人気があるので、高い家賃も見込めます。

※平成24年度調査「土地問題に関する意識調査」国土交通省 ~今後望ましい住宅形態

※平成24年度調査「住宅着工統計」国土交通省 ~賃貸住宅市場の実態について

ribbon02
建築費が安いので投資回収が早い

戸建賃貸CASITAでは、資材の大量一括契約・プレカット工法による労務コスト削減で低額での建築を可能としました。
アパート・マンションと比べると、1/5~1/10の投資額で済みます。
低額投資で高い家賃が見込めるので、収益性が高く投資の早期回収を可能とします。

ribbon03
戸建賃貸は節税効果が高い

casitaを建築することで節税を可能とします。

img14
ribbon04
狭小地・変形地でも建築可能

50坪前後の狭小地や変形地は、アパート・マンションの建築は不可能となりますが、戸建賃貸はレイアウトの工夫で建築が可能となります。

img15
ribbon05
売りやすく現金化しやすい

1棟丸ごと売却しかないアパート・マンションと違い、戸建賃貸は1棟ずつ売却することが可能です。

img17
ribbon06
ライフスタイルで
活用法が選べる
img16

長期優良住宅認定

長期優良住宅とは、これまでの主流だった「古くなったら建て替える」住まいのスタイルではなく、
住宅の寿命を延ばすことで解体による環境負荷を減らし、数十年経っても資産価値を高めていく住まいのことです。
長期優良住宅の認定基準には、劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、
居住環境、住戸面積、維持保全計画の9つの性能項目(※1)があります。

カシータはエコで家計にも優しい、長く住める家をご提供します。
  • 劣化対策数世代に渡り長く住むことが可能な家であること
  • 耐震性地震に強い家であること
  • 維持管理・更新の容易性メンテナンスが容易であること
  • 省エネルギー性省エネに配慮した家であること
  • 居住環境優良な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び工場に配慮されたものであること
  • 住戸面積優良な居住水準を確保するために必要な基準規模を有すること
  • 維持保全計画建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること
  • 可変性居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること
  • バリアフリー性将来のバリアフリー回収に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること
※長期優良住宅の認定により、金利の引き下げや各種税金が軽減されます。

設備と仕様

間取り例

建築実例

カシータの魅力についてもっと知りたい方はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

東京

tel.03-3661-5633

fax.03-3661-5634

東京tel.03-3661-5633

fax.03-3661-5634

大阪

tel.06-6885-7050

fax.06-6885-8050

大阪tel.06-6885-7050

fax.06-6885-8050

ページ上部へ戻る
Land Pia